今回はスーパーカブ110(JA10)スパークプラグ(点火プラグ)の交換・点検方法について紹介したいと思います。

現行モデルはFI方式のため、旧型カブのキャブレター方式とは違ってプラグがかぶるということはほとんどなくなりました。そのため、プラグを頻繁にチェックする必要はないといわれています。

しかし、プラグは中心電極が摩耗してきますし、プラグギャップが変化したりしますので、定期的な点検は必要です。

ということで、実際の点検した様子を説明します。

 

Sponsored Links

点検・交換する時期は?

メンテナンスノートによると、点火プラグの点検整備時期は1年毎(12か月毎)となっています。

プラグ交換は、一般的にキャブレター車は走行距離5000キロごと、FI車は走行距離10000~20000キロごとと言われています。

ただ、プラグ自体は数百円程度の部品なので、もっと早い段階で交換される方も多いようです。

ちなみに管理人が昔譲ってもらった旧型カブ(キャブレター車)は、30000キロ近くプラグ交換をしていないバイクでしたが、ほぼキック一発(セルはありません)でエンジンがかかり、体感上は何も問題なく動いていました(笑)。

しかし、新品プラグに交換するとエンジンの調子がよりよくなり、若干パワーアップしたような感じは受けました。

そのプラグの画像が以下の右側です。

新品のプラグ(左側)と比べて電極が摩耗しているのがわかります。

 

走行距離が多くなるとそれだけ摩耗したり、プラグギャップ(電極のすき間)が大きくなったりしてきますので、やはり定期的な点検・交換は必要です。

スーパーカブ110(JA10)のプラグ交換・点検方法

では実際に、現在の愛車スーパーカブ110(JA10)の作業に入っていきます。

標準プラグは、以下の二つです。

NGK:CPR6EA-9S

DESO:U20EPR9S

 

プラグがあるのは右側レッグシールドの裏側です。

プラグの位置

 

まずはプラグキャップを外します。

一応、どこまで差し込まれているのか確認しておくと後で差し込むときに安心です。

プラグキャップ

 

プラグキャップは手で引っ張れば外れます。プラグキャップを外すとプラグが姿を現します。

念のため、プラグキャップやプラグコードなどにヒビ割れや破損がないかチェックします。

 

プラグレンチ(16mm)は柄の長いものを使いました。

プラグレンチ

 

右側レッグシールドを外せば作業がしやすいのですが、インナーラックを取り付けていたりして外すのが面倒なので、サイドのネジ2本を外して少し浮かせるのみにとどめます。

 

レッグシールドを少し浮かせて直線状にプラグレンチをプラグに差し込みます。左回りに回すと緩みます。

 

プラグを外した後のシリンダーの穴の中にはゴミやホコリが入らないように注意しましょう。

 

外したプラグです。走行距離5000キロほど走った状態です。

 

新品プラグと比べてみると・・・、電極部分の角がほんの少し丸みを帯びていますが、まだ大丈夫な状態です。ギャップもほとんど同じです。

プラグ交換

 

プラグの調整が必要な場合は、プラグギャップゲージを使って厚さを測り、調整します。プラグギャップは0.8~0.9mmです。

プラグ自体は安価なので、異常を感じたら即交換という方も多いようですが・・・。

プラグの調整または新品を用意した後は、元通りに取り付けます。

プラグの締め付けトルクは16N・m(1.6kgf・m)ですが、力を入れすぎない程度の力で締まるところまで締めてから、プラグレンチでだいたい1/2回転ほどというのが目安です。ネジ山を傷めないために、あまり強く締めすぎないようにしましょう。

プラグを締めたら、プラグキャップを手で奥まで差し込みます。きちんと奥まで差し込みましょう。

最初に外す前にどの程度まで差し込まれているのか確認しておくとより確実です。

さいごに

FI車になってプラグはあまり点検が必要なくなったとはいえ、年に1回程度の点検は必要です。

プラグに不具合があるとエンジンの調子に大きな影響がありますので、きちん点検作業をしてエンジンの調子を保ちましょう。

 

Sponsored Links