現行型スーパーカブ110(JA10)のエアクリーナーエレメントの点検・交換方法について紹介します。

エアクリーナーは、エンジン内部に送り込む空気をきれいにする役割を果たします。外の空気にはさまざまな塵やホコリなどが含まれていますので、バイクを走らせるにつれてフィルター(エレメント)が汚れてきます。

ですから、そのフィルターが目詰まりをおこさないように定期的な点検が必要となります。

よほどホコリっぽいところで走っているといったようなことがない限り、エアクリーナーエレメントが目詰まりをおこすということはあまり考えられませんが、吸気抵抗が大きくなったりすると燃費にも影響が出てきますので、定期的な点検は大切です。

 

Sponsored Links

点検時期について

購入時にもらったメンテナンスノートによると、エアクリーナーエレメントの点検整備は12か月ごととなっています。

しかし、6か月間で3,000km 以上走行する場合は、シビアコンディション(一般よりも過酷な条件)で使用されるバイクと位置付けられ、点検整備は時期は6か月ごととされています。

管理人の場合、普段の足としてカブを使用していると1か月で1,000km前後走りますので、半年で3,000kmは軽く上回ります。

現在乗っているカブは購入して半年ほど経ちましたし、走行距離はすでに3,000kmを上回っていますので、ちょうど点検時期になりました。

エレメントの点検・清掃方法

まずエアクリーナーエレメントの点検・清掃について説明します。

エレメントの取り外し方法

エアクリーナーは、前輪の後ろ、フロントフェンダーの後ろ上部にあります。

カブ エアクリーナーの場所

 

エアクリーナーエレメントを取り出すには、エアクリーナーカバーを取り外す必要があります。そのために左右で合計5本のネジ(スクリュー)を外します。

右側、左側、ハンドルを切った状態で外していきます。ネジを外すと、エアクリーナーカバーが外れます。

 

ハンドルを右(乗車した状態からみて右側)に切って、向かって左側(乗車した状態からみて右側)から斜め下にずらすと取り出すことができました。逆だと取り出せませんでした。

 

エアクリーナーカバーを外すと、エアクリーナーエレメントが見えます。

スーパーカブ エアクリーナーエレメント

 

向かって右側の上部分に指を入れてつかめる所があります。そこをつまんで引っ張るとエレメントが外れます。

 

エレメントを取り外すとこういう状態になります。

エアクリーナーエレメントを取り外した後のエアクリーナーボックス本体は、エンジン内部と直接つながっていますので、ゴミなどが絶対入らないように気をつけましょう。またこのエレメントがない状態では空気が浄化されませんエンジンをかけたりするのもNGです。

通常この部分はエレメントで浄化された空気しか通りませんので、汚れていないはずです。

もし汚れていたり、ゴミが入っていたりした場合は、エレメントがきちんと取り付けられていなかったか、エレメントやエアクリーナーボックス本体などが破損している可能性があります。原因を特定して修理・交換を検討した方がよいでしょう。

 

Sponsored Links

点検、清掃方法

エアクリーナーエレメントを取り外せたら、汚れを確認しましょう。

以下が取り外したエアクリーナーエレメントです。右下に少しホコリが付いています。

 

カブのエアクリーナーエレメントは乾式ですので、灯油につけて洗うタイプではありません。乾式エレメントの清掃はエアーコンプレッサーなどで汚れを吹き飛ばすのが一般的です。またコンプレッサーの代わりにOA用のエアダスターなどスプレー式のものを使うという方法もあります。

管理人はエアーコンプレッサーを持っていませんので、掃除機で吸い取っています(笑)。フィルターにこびりついた汚れはなかなか落とせませんが、目に見える比較的大きなゴミを取り除くのには有効です。

 

エアクリーナーエレメントの裏側です。こちら側はフィルターを通過した空気しか来ませんので、ホコリなどで汚れていません。こちら側にはゴミが絶対に付着しないように気をつけましょう。

 

あと最初に取り外したエアクリーナーカバーの内側の汚れも確認しましょう。ゴミや汚れがあれば、それらを取り除いてきれいにします。

エレメントの交換方法

次はエアクリーナーエレメントを交換する場合です。

交換時期

エレメントの交換時期ですが、公式の資料に具体的な交換時期が書かれている箇所は見当たりませんでした。

カブの説明書(OWNER’S MANUAL)には、交換の手順しか書かれていないため、定期点検ごとの交換を想定しているのかもしれません。そうだとすると、通常1年ごと、シビアコンディション下では6か月ごとの交換と解釈することもできます。

あくまで自己責任ですが、私はエレメントの交換はそこまで頻繁に行いません。旧カブに乗っていた時は走行距離3万キロくらいは使っていましたし、とあるバイク屋さんでは5万キロくらい走っても大丈夫との話を聞いたこともあります。

もちろん、旧カブの話なので、現行カブにそのまま当てはまるとは限りませんが、目に見えてひどい汚れがあるとか、エンジンの調子が悪くなったなどの症状がない場合、エレメントは少なくとも1万キロは使うつもりでいます。

交換方法

エレメントを交換する場合は、上で説明したように、エアクリーナーカバーを取り外し、新品のエアクリーナーエレメントを手に入れて、古いものと交換して取り付ければOKです。

清掃しなくてよい分、交換の方が簡単かもしれません。

ホンダ純正品新品エアクリーナーエレメント(17210-KZV-J00)は、メーカー希望小売価格は1,480円です。

この部品はアマゾンや楽天市場などネット通販でも買うことができますが、送料がかかったりして定価よりも高くなってしまうことが多いようです。

バイク屋さんで純正品を注文して取り寄せてもらえば送料はかかりません。または、社外品のエレメントであれば定価より安く手に入るものもあります。もっとも社外品は品質が純正品と差があるかもしれませんので、その点は十分リサーチする必要があります。

さいごに

現行型スーパーカブ110のエアクリーナーエレメントの点検・交換方法などについてでした。

エレメントを清掃や交換したからといって体感的に劇的な効果が感じられるというものではありませんが、燃費やエンジンの調子も大きな影響を与える大事なパーツです。

定期的に点検してエンジンの調子を保ちましょう。

Sponsored Links