スーパーカブ110(JA44)のオイルフィルター(エレメント)の交換方法について紹介します(スーパーカブ50(AA09)やプロ(AA07、JA42)もやり方は同じです)。

新型丸目スーパーカブにモデルチェンジした目玉の一つは、交換式のオイルフィルターが装着されたことです。

従来のスーパーカブは遠心式オイルフィルターで、ストレーナーの清掃のためにはエンジンをある程度ばらす必要がありました。

しかし、新型ではオイルフィルターカバーを外すだけでオイルフィルターを交換することができますので、メンテナンス性が向上しました。

 

Sponsored Links

オイルフィルターの交換時期

スーパーカブ110(JA44)の場合、オイルフィルターはいつ交換すればいいのか?ということですが、オーナーズマニュアル(取り扱い説明書)には、エンジンオイルの交換時期についての記載はあるものの、オイルフィルターの交換時期についての記載はありません。

バイク購入時に一緒にもらったホンダ発行のメンテナンスノート(125㎠以下)の17ページには、オイル・クリーナ(オイルフィルターのこと)の交換時期として

  • 初回1,000kmまたは1か月、以後20,000km毎(カートリッジタイプ)
  • 初回1,3000km、以後12,000km毎(カートリッジタイプを除く)

と書かれています。

カートリッジタイプとは、以下の画像のようにフィルターが金属等でおおわれているタイプのもので、一般的にオイルフィルターレンチを使って取り外すタイプです。

オイルフィルター カートリッジタイプ

この点に照らしてみると、JA44のオイルフィルターは、フィルターがむき出しになっているタイプなので、メーカーの定義によるとカートリッジタイプにはあたらないとのことです。

したがって、JA44のオイルフィルターの交換時期は

初回1,3000km、以後12,000km毎(カートリッジタイプを除く)

ということになります(ご不明な場合はメーカーにご確認ください)。

これよりも早いペースで交換される方も多いと思いますが、このペースだとそれほど頻繁に交換する必要はないということですね。

必要な部品

オイルフィルターを交換するのに必要なものは、新品のオイルフィルター(エレメント)Oリング(オイルフィルターカバーに装着するもの)です。Oリングも一緒に交換するのがよいでしょう。

今回使った物

今回はキタコ (KITACO) 製のオイルフィルターと3つのが一式セットになったものを使いました。

(画像クリックでアマゾンのページへ飛びます)

 

これはエンジンオイルとオイルフィルター交換の際に必要な3つのOリングがセットになっているので便利です。

オイルフィルター単品でもキタコ(KITACO)や、キジマ(Kijima)といったメーカーからスーパーカブ用のオイルフィルターが販売されています。

純正品は?

ちなみにホンダ純正品は以下です。

  • エレメント、オイルフィルター(部品番号:15412-MGS-D21 希望小売価格750円)
  • Oリング 39.8×2.2(部品番号:91302-PA9-003 希望小売価格280円)

このホンダ純正オイルフィルター(15412-MGS-D21)は、ホンダのバイクであるNC700、 CTX700、INTEGRAなどのDCT(Dual Clutch Transmission)のオイルフィルターとしても使われているものです。部品番号が同じであれば使用可能です。

バイク屋さんなどで注文するか、バイク用品店やネット通販で購入するなどの方法があります。お店に在庫がないことも多いと思いますが、その場合は注文してから届くまでにしばらく日数がかかります。

送料はかかりますが、ネット通販で在庫品を買うほうが早く手に入る場合もあります。

オイルフィルターの交換方法

具体的に交換方法について説明していきます。

単独で交換は可能か?

エンジンオイル交換をせずにオイルフィルターだけの交換が可能か試してみました(笑)。

エンジンオイルは少し垂れるので注意が必要ですが、オイルフィルターカバーを外してフィルターを外しても、オイルがたくさん抜けるということはありませんでした。

ですから、短時間で作業を終えるならエンジンオイルを抜かなくてもオイルフィルターだけを交換することは可能です(交換後は必ずエンジンオイル量のチェックはしてください)。

ただ、新しいフィルターに交換するからには、オイルも新しいほうが気持ちいいですし、一度で両方やったほうが手間も省けるので、通常はオイル交換と同時に行うのがよいと思います。

オイル交換と同時がよい

ということで、今回はオイル交換も同時に行いました。

手順としては、エンジンオイルを抜き、新しいオイルを入れる前にオイルフィルターを交換するという流れになります。

オイル交換の仕方の詳細については以下の記事をご覧ください。

スーパーカブ110(JA44)のエンジンオイル交換方法|新型の変更点とは

 

ここでは大まかに説明していきます。

まず廃油箱などをセットし、エンジン下のドレンボルトを外してエンジンオイルを抜きます。

 

オイルレベルキャップを緩めてオイルを抜けやすくします。

 

次にオイルフィルターカバーを留めているボルト2本を8ミリのレンチを使って外します。

スーパーカブ,オイルフィルターカバー

 

中にバネが入っているのでカバーが押し出され、カバーが外れます。

 

カバーとバネを外すと見えるのがオイルフィルターです。上部にケースカバー切欠き部があります。

スーパーカブ,JA44, オイルフィルター,AA09,AA07,JA42

 

ケースカバー切欠き部とオイルフィルターの中心部分と外側部分をラジオペンチ等で挟んで引き出すと、オイルフィルターが外れます。

スーパーカブ オイルフィルターの取り外し

この時、本体側、特にOリングが接する部分を傷つけないように注意しましょう。

 

Sponsored Links

 
外したオイルフィルターはこんな状態です。よく見るとスラッジのようなものが少し付着していました。

スーパーカブ オイルフィルター交換

 

オイルフィルターが取り付けられていたところはこんな感じになっています。

 

エンジンオイルとオイルフィルター交換のために外したものは以下になります。

 

今回使ったキタコ製オイルフィルターとOリングのセットは、ドレンキャップ、オイルレベルゲージキャップ、オイルフィルターカバーに取り付ける3種類のOリングが全て入っていますので、とても便利です。

スーパーカブ 交換用オイルフィルター Oリング

 

古いエンジンオイルが抜けたら、新しいオイルフィルターを取り付けます。ゴムが付いている部分が奥になります。

 

オイルフィルターカバーのOリングをエンジンオイルを少し塗って新しいものと交換します。

 

オイルフィルターの中心にスプリングを挟んでオイルフィルターカバーを取り付けます。

このボルトは8ミリのフランジボルトなので締め付けトルクは、27N・mです。

 

次にドレンボルトを締めます。こちらも新しいOリングにエンジンオイルを塗ってはめ、スプリング、オイルストレーナスクリーンと以下の画像の順番で挟んで締めていきます。締め付けトルクは、20N・mです。

 

ドレンボルトを締めたら新しいエンジンオイルを入れていきます。エンジンオイルを入れる量は、0.8リットル(オイルフィルターを交換しない時も同じ)です。

 

オイルを入れ終わったら、オイルレベルゲージをねじ込まない状態で奥まで差し込んだら、再度取り出して、チェックして規定量のオイルが入っていることを確認します。

 

オイルレベルゲージ/フィラキャップの新しいOリングにエンジンオイルを塗ってはめ、キャップを締めたら作業終了です。

おわりに

オイルフィルター交換についてでした。

新型スーパーカブから採用になった交換式のオイルフィルターですが、交換方法はそれほど難しくありません。

交換はそれほど頻繁に行うわけではないので、忘れないように交換時期を守ってしっかりメンテナンスしましょう。

Sponsored Links